PAGE TOP

コスメ大好き主婦の体験記

TOPPAGE > シミなどのお肌の悩みが年をとると伴に多くなってい

シミなどのお肌の悩みが年をとると伴に多くなってい

シミなどのお肌の悩みが年をとると伴に多くなっていくのは、悲しい気もちになってしまいます。
若い人の肌が目に入ってしまうと、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、妬みたくなってしまうのです。
「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、なんとしてもシミの増加を阻止しようと思っています。



シミになる原因といえば、UV対策の怠りや加齢によることが多いと聞くので、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングを忘れずにやります。



お肌の荒れを防止するためには、洗顔を終えたなら、即化粧水等で保湿をおこないます。

何を肌につけるのかは、肌質によっても変わってきますし、体調によっても違ってくるでしょう。
毎日、化粧水や乳液、美容液を使っていくのではなく、肌の状態をよく確かめて頂戴。

日常的に多くの保湿剤を用いると、肌が本来持っているはずの保湿機能が下がってしまいます。
アンチエイジングでよくあげられるのが「ポリフェノール」でしょう。

抗酸化作用が特質のひとつに挙げられます。活性酸素(大きく四種類に分けられ、それぞれに対抗するスカベンジャーが存在します)による害から守ってくれて、シミの発生を抑えたり、いつの間にかできていたシミを改善してくれます。

これは是非とも摂らなければと思う強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮する事ができるのは3時間から4時間と短いことです。



ですから、美肌のためにいいタイミングで摂取するのがお勧めです。しっかりメイクするのも良いがそれでも大事なのはそもそもが美しい肌沿う思います。だいたい毎日のようにスキンケアを入念におこない、天然のお肌をよみがえらせいつの日かすっぴんでも人前に自信を持って出られるほどのもちたいと願望します。ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。

長く下を向いていたあとに目の周りや口の周りにできるシワがあり、多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。


肌のケアは以前から時間をかけていますし、いままではそれで大丈夫でした。特に冬には白く粉を吹くほど乾燥するところなので、専用アイテムを色々試してみて、潤いを長時間キープできる保湿を欠かさないようにしています。


これでも万全でなかったとは。妊娠、初期の頃にはホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の乱れといったことからニキビがでやすくなるのです。
また妊娠に付随した精神的ストレスもニキビができる原因の一つになります。しかしだからといって、抗生剤などを使用をすることはできません。

ホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)を整えていけるように、とにかくこのとき期はリラックスをして、身体を労わるようにしましょう。肌が荒れている時に化粧するのは、少し考えますよね。
化粧用品の注意書きにも肌に異常があるときは使用禁止と書いてあるものです。
とはいえ、UVカットだけは必ずしておくべきです。
化粧下地やパウダーなどを軽く付けておいた方が良いです。

なるべく紫外線をうけない生活を送るといいでしょう。



きめ細かい肌のきめを漢字で書くと肌理となります。
肌表面の模様が整然としている様子を表しています。
なめらかな肌やハリのある肌というのは、溝と丘のバランスが良いうえ模様自体が細かいです。
逆に表皮の乾燥を繰り返してきた部分では模様が大きくなります。あるいは、皮膚が薄くなって模様が見えないほどになります。

肌を保護する表皮が低下すると、真皮へのダメージは不可避です。

土台が脆弱になると肌を支えられなくなり、しわが出てくるのは時間の問題です。
もし沿うなってしまったら、気づいたときにすぐケアするべきでしょう。


洗顔は1日に何回するのがベストなのかご存知でしょうか。
正解はずばり、朝と夜の2回です。

これより多くの回数の洗顔をすることは肌を弱くしてしまう1番の理由です。

回数をたくさんする分肌にいい訳ではなく、2回を限度とするのがきれいな肌への道に繋がっていくのです。

私のニキビに備えた事前策は、いくら眠くても化粧は必ずとって就寝することです。化粧を施すことにより、肌にはすごくなダメージがあると思うので、お肌に休む時間をあげたいのです。


化粧落としにも気を使っています。

オイルで落とすタイプやシートで拭うタイプなどさまざまなものを使ってきましたが、ミルク系の化粧落としがお肌に優しいと思いました。
Copyright (C) 2014 コスメ大好き主婦の体験記 All Rights Reserved.